マハロでは、月に1回ご利用者様の症例検討会を行っています。

今回の発表者は、作業療法士(OT)松﨑さんです。

身体機能は良好にも関わらず脊柱管狭窄症後の長引く腰痛によって外出機会が減少してしまったご利用者様のケースです。
リハビリになるとつい身体機能に対するアプローチを重視しがちですがご利用者様と現状の問題点の共有ができていなければ
肝心のリハビリも効果を十分に発揮できないと痛感したケースでした。