こんにちは、作業療法士の松﨑大貴です。

今日は、当ステーションの名称にもある、「マハロ」について書きたいと思います。

 

[目次]
マハロはハワイ語
ハワイ語豆知識
言葉が絶滅?
アロハの意味
マハロの意味

 

「マハロはハワイ語」

マハロはハワイで使われている、ハワイ語です。アルファベットでmahaloと書きます。

大のハワイ好きで知られる(?)、当ステーション社長が名付けました!

 

「ハワイ語豆知識」

ハワイ語は母音が5つ、子音が7つ程度と、非常に音の数が少ない言語だそうです。

発音にも特徴があって、一つ一つの音をはっきりと発音します。

なんだか、日本語と似ていますね~。

 

「言葉が絶滅??」

ハワイ語は現在、話し手の減少で、絶滅の危機にあるようです。理由は、英語。

ハワイでも、アメリカ本土同様、ほとんどの人が英語を公用語としているため、ハワイ語の話し手が減少しているのだとか。

 

「アロハの意味」

みなさんもよく耳にしたことがあると思います、「アロハ」。

これは、今日では、「こんにちは」や「さようなら」といった、挨拶として広く使われています。

もともとは、本当に敬意を持った相手のみに使う、非常に魂のこもった言葉だったそうですよ。

 

マハロ(mahalo)の意味」

いよいよ「マハロ」についてです。

「マハロ」は、ハワイに行くと、お店を出た時などに店員さんがよく言ってくれます。

そう、「ありがとう」感謝といった意味が込められています。

これも、直訳すると“あなたが魂の中にいますように”となるようです。

心と心の繋がりを大切にしている言葉なのですね。

 

 

当ステーションでは、出会った皆様、そしてこうしてHPを見てくれている皆様に対して感謝の気持ちを表現するステーションであり続けます。

 

Mahalo~!